ようこそ!福島屋 別館へ。

脱メタボ5

我が家のダイエット'16-1  

我が家のダイエット'15-2 '15-1 '14-2 '14-1  

我が家のダイエット'13  '12  '11 供'11  

新・我が家のダイエット   倉庫  

初マラソン

いよいよ、いびがわマラソン本番でございます。
一週間前から感じていた背中の違和感は今も残り、決してベストの体調ではありません。
「まあなんとかなるべ」と開き直り、G籐君、嫁、義母を乗せ、一路スタート会場へ。
一時間は余裕をみたのに、揖斐川の堤防道路は結構な車の数、駐車場は大丈夫かしらん?

案の定、一つ目のPは直前でいっぱいになり、離れた「市場グランドP」に止めます。
シャトルバス 無料のシャトルバスが数台待っていてくれ、待つことなく乗車。
会場にはすでに大勢の人が。屋台も出ていて賑やかなこと。 G籐君と 
高石ともや 開会式も始まっていないのに、高石ともやさんが歌でお出迎え。
西田ひかるちゃんや 西田ひかる  高橋尚子ちゃんも。 Qちゃん

なにせフルが6000人、ハーフが4000人走ります。応援も含めれば大変な人数。
来ているはずのK崎君を探すのもままなりません。

そんな雑然とした中、軽くストレッチをして、スタートを待ちます。
4100番台はかなり後方からのスタートになります。
いよいよスタートの号砲がなりました。しかし、私たちはなかなか道路にも出られません!
ゆっくり歩きながら見上げると、スタート地点はまだ先です。  スタート地点

スタート地点ではひかるちゃんと、Qちゃんが手を振って送り出してくれますが、
その後もランナーの渋滞は続き、最初の1Kmのラップは10分以上かかりました。
前をみれば、人、人、人・・・。ある意味圧倒的ではあります。

道路脇では、子供たちからじいちゃんばあちゃんまで、「ガンバレー」と応援してくれます。
ちっちゃな手とハイタッチしながら走ると、意味もなく目頭が熱くなります。
(最近、涙腺が弱くって、歳かなあ・・・)
多少足が重く感じますが、いいペースで走れてます。第一関門を58分でクリア。
10Km過ぎで、おじいちゃんが大きな声で声援を送ってくれます。
「まだまだ先は長いぞ〜!」 余計なお世話ですが、ありがとうございます。

恋のつり橋を越えた久瀬橋の信号では、なんとQちゃんが待っててくれました。
これはテンションが上がります!ハイタッチして「よっしゃ〜!」

給水所ではボランティアの高校生たちが「頑張って」と水や食べ物を渡してくれます。
ありがとさん。バナナ、お稲荷さん、あんぱん、おまんじゅう、おいしゅうございました。
(そんなに食ったんかい!あっ、巻き寿司を食い損ねた。)
ここまでは元気だったのに 中間点をすぎて23Km地点では、嫁と義母が待っててくれました。
嫁たちの顔をみて安心したわけでもないでしょうが、太ももの付け根から膝から、痛みが走ります。
新設の折り返し点を前にして急ブレーキ。走り続けることができず、歩きはじめます。
しかし痛みがひくことはなく、少し走っては歩き、また少し走るの繰り返し。
足は棒を通り越し、針金のよう。
救護所に立ち寄るたびにスプレーしますが、気休めにしかなりません。

こうなると、足切りの時間設定が気になり始めます。
第3関門は4時間5分でクリアしますが、残り距離を歩いては間に合いません。
残り8.4Kmで1時間25分だから、1Kmあたり・・・ぐあ〜っ!頭も変で計算できんぞ!

ふと気付けば、周りは似たような状態のお仲間がちらほら。
ゾンビの集団のごとく、立ち止まったかと思えば、また歩いたり走ったり。
あのおっさんにだけは負けるかと、痛い足をひきずり抜きつ抜かれつ。

最後の堤防道路からゴールの町役場の建物が見え、高石ともやさんの歌声が聞こえてきます。
タイムは5時間をこえましたが、ここからなら歩いてもゴールできそう。
すると沿道のおじさんが、「ここまできたら、格好だけでも走って走って!」
ひい〜っ!厳し〜いお言葉。
ゴール前のQちゃん やったあ!ゴールだあ!Qちゃんが待っててくれました。
思わずハグをしたい衝動にかられましたが、グッとこらえてハイタッチ。
なんとか完走!タイムは5時間15分44秒でありました。 完走のごほうび
(ちなみにG藤君は4時間17分台、K崎君は5時間29分台で完走。)
応援してくれたすべての人に感謝!

帰りは嫁の運転で、家に着くころには筋肉バキバキ。歩くこともままならず。
夕飯もそこそこに風呂に入り、シップ薬を体中に貼り魔王。で、9時前から爆睡。

こんなに走ったのね!
これで、どんな大会かよーくわかったので、来年も絶対走るぞ!
2011年11月15日現在 体重 70.7Kg


ゼッケン

画像の説明

いびがわマラソン本番まで、2週間をきりました。
(コースレポートはこちら

昨日ゼッケンとRSタグが届き、その大会案内を読んでいると、
いよいよだなあと気持ちが昂ぶってきます。

レース前のこの時期のトレーニングは、疲れを残さないようにするのだそうですが、
ついつい調子にのって走り込み、膝やかかとがイテテのテ。

猫ひ○しGPSの記録によれば、9月、10月はそれぞれ120Kmを走破し、
私なりに十分走りこんだつもりなのですが、
いざレースが近づくと、はたして走りきることができるのか不安になります。
また一方では、久々の高揚感に、ワクワクしている自分がいるのも事実。

さあ、どうなりますやら。

2011年11月1日現在 体重 70.9Kg

ジャングルクルーズ

「面白そうなコースを発見しましたんで、一緒に行きません?」
K君に誘われるまま、二つ返事で久々の早朝多度歩きでございます。
「長ズボンがおすすめ!」って、なんかや〜な予感が・・・。

例のごとく、朝5時発の5時半駐車場着。今回はK崎君も一緒です。

一昨日、嫁と登った御嶽山の疲れが抜けきってないので、入念にストレッチ。
よしっ、さあどっから登る?

Mtバイカー御用達の、いわゆる「えびす」を今日は登ります。
このコースは下り専門だったので、登りは景色が変わって新鮮です。

K君は、さすがに歩きも早い、早い!
私も少しは自信がありましたが、気を抜くとおいて行かれそうです。
K崎君もさすがで、ちゃんとついてます。

あれっ、K君コースはずれてどこいくの?
ここからファンキーになるって?どういうこと?
K崎君と ジャングルクルーズ ミラーマンではない

いきなり道なき道をジャングルクルーズ!
ちょっと待て、本当に大丈夫か、オイ!
「この間短パンで来たら、足が傷だらけになりました。」
そんなところに連れてくるんじゃねーよ!

林の中を散々うろうろしたあげく、なんとか山頂付近に出てほっと一息。
帰りは「健脚コース」をゆっくりくだり帰路についたのでありました。
秋晴れの中、ちょっとハードな森林浴。K崎くん、懲りずにまたつきあってね。

2011年9月27日現在 体重 72.1Kg

ニューアイテム

ランニングのテンションが下がり気味の時はニューアイテムの購入、これでございます。

地味ですか? 猫○ろし共同開発!?

左はリーボックの「体幹」シリーズ。つま先に1cmほどの余裕をつけて履いてます。
足の側面からホールドされる感じがなかなか良いです。

右はランナー用GPS腕時計。心拍計付き。
「猫○ろしが共同開発!」って、信用できるんだかできないんだか?
パソコンを使えばグーグルマップに今日走ったコースを表示することもでき、
ラップタイムも自動で記録。ん〜っ、面白い!

てなわけで、試しに久々の多度ラン。
早朝5時すぎにいそいそと出かけて、多度峡着は5時30分。
スポーツタイツCW-Xをはき、心拍計をしっかりと装着。
こ寒いくらいで気持ちいい気候、ゆっくりと走り始めます。
最初の1Kmのラップは9分30秒、はたしてこのまま走り切れるのか?

駐車場から海の見える展望所まで、我がGPSによれば5.3Km。
必死に粘るも最後までは走りきれず、アスファルトの坂で歩いてしまい、54分で通過。

それでも休まず、多度山頂公園前を通り、ハイキングコースを下ります。
急坂を駆け下りるので、足にはかなりのダメージ。
その後愛宕神社に向かいますが、それまで下りだったので、
神社前の100mほどの上りがきついこと!

めげそうになりながらも、多度大社前をとおり(野生の猿が悠然と前を横切っていきました!)、
駐車場までの上りを走り切り、計11.24kmを1時間38分でクリア。
距離の割にはしんどかった!

家に帰って速攻でパソコンに繋ぎ、グーグルマップに書かれた赤い線を見て、
ひとりニンマリするのでありました。
多度ランのルート

2011年9月8日現在 体重 72.9Kg

お仲間がまたひとり

K君の同級生、ファンキー・K崎君も、いびがわマラソンのフルに参戦するとのこと。
10Kmのタイムは一時間ちょっとと私と五分。
格好のライバル登場で、心強いような、負けたらくやしいような。
えっ、朝晩走ってるって?負けとれんなあ。

というわけで、日曜の試走の筋肉痛も収まってきたので、今朝は久々のタイムアタック!
いつもの2.5Km天王川・青池周回コースを4周、10Kmチャレンジ、いっきま〜す

1周目は15分37秒、2周目は30分18秒、3周目は44分57秒。
おおっ!1時間切りが視界に入ってきたぞ!

ラスト一周、エンジン点火! 点火! 点火! 点火! ・・・

点火しませ〜ん!!!(泣)

悲しいかなエネルギー切れ。
それでも一生懸命腕を振ってゴール!
タイムは 59分57秒 よしっ、一時間切り成功!あっぶね〜。
平均心拍数は 142/分、消費カロリーは 953Kカロリー でありました。

2011年8月3日現在 体重 72.5Kg

揖斐川マラソンコース試走 その2

先週の日曜日は足を痛めながらも、復路の下りを走ることができました。
今週は往路の上りを走りましょう。
区間は、揖斐峡大橋の手前8.6Km関門から、道の駅の北20Km関門まで。
本番の時間規制は、8.6Kmが 1時間10分、20Kmが 2時間40分。
今日の目標タイムは 1時間20分 です。

先週は帰り道でえらい目に会いましたので、今週は嫁のサポート付き。
揖斐峡大橋で降ろしてもらい、道の駅で待ち合わせ。
その間、嫁は谷汲山までドライブするそうな。

さて、1週間ぶりの10Km越えなので無理は禁物。
歩幅は小さ目に、リズムに気を付けて走り始めます。

しばらく国道を走った後、久瀬トンネルの手前を左に入って下り坂、
その後はなが〜い上り坂。(高低差50m、距離900mだそうな。)
なんとか上りきると今度は下り、揖斐川の渓谷沿いをひた走ります。調子出てきたぞ!

500mlボトルのスポーツドリンクを手に持ち、ちびちび飲みながら走ります。
木陰も多く、日差しもそれほど強くないので気持ちいい。

40分経過、歩道から国道下をくぐり、久瀬ダムの貯水湖沿いを走ります。
水面が鏡みたいで、山の緑が写ってきれいです。コースも平坦で走りやすい。
橿原トンネル北の国道に出ると、そこからは歩道を走ります。
ここの上りはけっこうきつく、心拍数も160越え。

椿井野トンネル手前から左の側道に入って、残りあとわずか。
昨年は法面の土砂崩れで、このコースは走れなかったそうですが、
今はきれいに整備されていました。
やがて道の駅が左手に見え、目標の20Km地点にゴール!
タイムは 1時間17分。目標クリア!
足はかなり重いですが、先週のような痛みはありません。

意気揚々と駐車場に入っていくと、車がみあたりません。
嫁に電話すると、「今、谷汲山手前。あと20分かかる。」だと。
汗ビッショリで、着替えも小銭もなく、飲み干したペットボトルを持って、どうせいっちゅうねん!
しかたなく、営業時間前で少ししかお湯の張っていない足湯につかり
嫁の車を待ったのでありました。
コース写真は '11 我が家のダイエット  を参照。

2011年7月31日現在 体重 72.7Kg

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional