ようこそ!福島屋 別館へ。

bun132

Bunちゃんのひとりごと132  

'20のひとりごと 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'19のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'18のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  


2020年6月30日(火)
「福知山城」。。。京都府福知山市!
28日(日)、朝から どしゃ降りの雨☂ (><) どうする??
毎日、ひきこもりの店番だから、どこかに行きたいな〜って、雨のあがる方面を探してGO!!
 画像の説明 画像の説明
駐車場から福知山城が見えた〜かっこいい!! 明智光秀の資料館とセットで入場します。
資料館は時間指定で先に入場しますが、写真撮影は禁止。
最近、NHKの「麒麟がくる」を観ているので、興味津々。。。戦国時代にも興味あり。

天守閣は昭和になって復元されたものですが、かっこいいです。
画像の説明 画像の説明

 画像の説明 画像の説明
福知山城の石垣にはたくさんの「転用石」が使われています

天守閣からの眺め。。。   「釣鐘門」です。
 画像の説明 画像の説明
丹波は「明智光秀」にまつわる場所(お城とか)がある地方なので、また行くかも?


2020年6月24日(水)
「黒部平」から歩いて「黒部湖」まで。。。その後!
21(日)、快晴☀
朝4時すぎに車で出発し、4時間かけて長野県大町市にある「扇沢」へ到着。
朝9時の電気バスに乗って「黒部ダム」へ。
ダムで1時間ほど遊んでケーブルカーで「黒部平」に10時半到着。
ここで、30分ほど、おにぎり食べて おやつも食べて まったり休憩。
 画像の説明 画像の説明
黒部平は、標高1828mで黒部湖畔は1470m。標高差350mを1時間10分かけて下山しました。(ちなみにケーブルカーだと5分)
ロープウェイ脇の自然道から下ります。途中、案内標識もあります。

 画像の説明 画像の説明

登山道は基本下りなので、足元に気をつけて下りれば まあまあのテンポで歩けます。
 画像の説明 画像の説明
「立山杉」だそうです。「イワカガミ」の花も咲いてました。

ず〜っと、樹林地帯を下って1時間くらいで 黒部湖の湖面が近くなります。
 画像の説明 画像の説明
「ロッジ・くろよん」の横に下りてきました。

あとは、整備された湖畔遊歩道を 黒部ダムまで歩くだけです。
 画像の説明 画像の説明
先に見える「かんぱ谷橋」は吊り橋ですが、全然こわくないし、かっこいい♪

帰りはさくさく車まで戻ってしまって。。。駐車場に1時半。
まだ時間があるから温泉へ。。。安曇野の「しゃくなげの湯」で入浴&軽食(&だんなはビールも)
 画像の説明 画像の説明
帰りは私の運転で。。。まだ行ったことのない「大王わさび農場」にも寄りました。
だんなは、何度か行ったことあるらしいけど。
わさびの葉っぱの天ぷらが食べたかったなぁ〜と思いつつ帰路につきました。


2020年6月22日(月)
『黒部ダム』。。。富山県!
「黒部ダム」って、どうやって行くの? 。。。今日のブログはちょっと長いよ(><;)
黒部ダムへ車の乗り入れはできません。長野県の扇沢から電気バス(2018年まではトロリーバス)で行くか?富山県の立山からロープウェイとかを乗り継いで行くか?

21日(日)、朝4時すぎに自宅を出発し 8時すぎに「扇沢」駐車場に到着。
無料駐車場(230台)がありますが、ほぼ満車。(みなさん どこに行ってるの?)
有料駐車場(350台)があるので、止めます。(12時間まで1000円)
 画像の説明 画像の説明
私は中学生だった頃、両親と来ていますが 記憶が曖昧です(^^;)
だんなは 慰安旅行とかで来ているけど 自分で運転して来たのは初めて。
とりあえず、黒部ダムまでの往復切符を購入し、行きは時間指定です。
全然 混んでませんが、電気バスに乗れる人数を減らしているので 私らは9時発の電気バスです。30分以上待ち時間がある。。。扇沢駅で遊ぶ。(だんな・朝から飲む?)

電気バスで15分ほど乗れば、黒部ダムに到着ですが、だんなに言われるまま220段の階段を登ります。。。ぜ〜ぜ〜
 画像の説明 画像の説明

階段上ったら「ダム展望台」に到着。お天気が最高にいいから360度パノラマ!
立山がめっちゃきれい。「大観峰」(だいかんぼう)まで見える〜 \(^0^)/
 画像の説明 画像の説明

昭和31年から建設開始され昭和38年に完成されるまで 工事は大変でした。
171人の殉職された方々を弔う殉職者慰霊碑です。
 画像の説明 画像の説明

ダムの上を歩きますが 涼しくて気持ちいいんですよ〜黒部湖駅に向かいます。
 画像の説明 画像の説明

今度は「黒部湖」駅から「黒部平」までケーブルカー(5分)に乗ります。
 画像の説明 画像の説明
よ〜く見て。片道切符です。。。(^^)v

はい「黒部平」です。。。近くにいたお兄さんに撮ってもらいました(年賀状用?)
 画像の説明 画像の説明
ここから先はロープウェイで「大観峰」に行けますが、今回は行きません。
「黒部平」でまったりおにぎり休憩したら、何もしたくなくなる〜気持ちいいよ〜♪

今日のブログはここまで。まだ続くよ〜(^^♪


2020年6月18日(木)
一乗谷を堪能したら「九頭竜湖駅〜九頭竜ダム〜温泉」
一乗谷で美味しいそばの昼食をいただいたら、帰りますよ〜
どこから帰る? 福井市に戻って北陸道で帰るか?(行きと同じコース)
九頭竜湖方面から岐阜県の郡上市に出て東海北陸道で帰るか???
「九頭竜温泉」っていうのがあるから、温泉入って帰ろう!ってことで東へ向かいます。
大野市に入り「越前大野城」がかっこいい。(2017年7月に登城)
 画像の説明 画像の説明
あれ?地理に詳しい人は「九頭竜温泉」はどうしたの? はい、お休みでした(><)

JR越美北線の終点「九頭竜湖」駅です。ここで休憩します。
 画像の説明 画像の説明
なんと4時間に1本の列車に遭遇しました(奇跡だよ) 近くには古い機関車もありました。

そして「九頭竜ダム」にも寄りました。ロックフィルダムです。
 画像の説明 画像の説明
写真では、ダムの大きさとか伝わらないけど 石が積まれた大きくてすごいダムです。

結局、温泉は郡上市の「子宝の湯」に入ってきました♨
 【参考】http://www.kodakaranoyu.jp/
写真を撮ってなかったので。。。。みなさん、調べてください。

余談ですが、明智光秀が斎藤義龍(道三の息子)に追われ、美濃から越前に逃亡したルートは 今の郡上市から「油坂峠」を越えて行ったと伝えられています。(現在の国道158号?)

もう一つ余談で、NHKの「麒麟がくる」の中で、家臣が美濃への近道をみつけた!というのは「温見峠」(国道157号)とか「冠峠」(国道417号)とも言われています。
どちらも登山で行ったことある道なので、なんか嬉しい? チャンチャン


2020年6月16日(火)
「一乗谷朝倉氏遺跡」。。。福井県福井市!
NHKの「麒麟がくる」を観るようになって、戦国時代のそれぞれの人物に興味もわきます。

14日(日)、お天気はあいにくの雨ですが、福井県の「一乗谷朝倉氏遺跡」に行きました。
 画像の説明 画像の説明
有名な「唐門」です。「ブラタモリ」とかで放送されてかなり観光客が増えたそうです。
(ちなみに、6月20日にブラタモリで一乗谷が再放送です)

 画像の説明 画像の説明
「朝倉館跡」はかなり広くて、庭園もたくさんあります。

そうそう、ここは昭和42年まで、森と田んぼと沼だったそうな。
「日本のポンペイ」と言われ、400年間 地中にあった城下町らしい。なんかすごいね〜

復元された城下町で、武家屋敷とか庶民の住む町屋が再現されています。
 画像の説明 画像の説明
それにしても、「明智光秀」って。。。美濃を追われこの一乗谷で朝倉氏に助けられ10年も過ごしたというのに、最後は織田信長に味方して朝倉氏を討伐したというから、なんという恩知らず!と私が勝手に怒っています。
まっ、織田信長を本能寺で討ったのも明智光秀ですけどね。
戦国時代は裏切ったり裏切られたりの時代だから、複雑だわ〜(><;)
どこまで、本当の話しか?もわからんしね。
ただ、出土した遺物(陶磁器や木製品や金属製品)がたくさんあるから、当時の人々の生活がわかります。


ところで「佐々木小次郎」って、知ってますか?
宮本武蔵との巌流島の決闘で知られていますが、秘技「燕返し」をあみ出した場所が「一乗滝」です。落差12mです。
 画像の説明 画像の説明
佐々木小次郎はこの福井県出身という説もあります。諸説ありますので。

お昼ご飯は、越前そばを。。。「朝倉の里 利休庵」です。
 画像の説明 画像の説明
揚げたての天ぷらが絶品です。 \(^0^)/ 満足・満腹〜


2020年6月8日(月)
「南紀・日帰りドライブ」。。。三重県〜奈良県〜和歌山県!
7日(日)、娘に届けたい物があるから、鈴鹿山脈の山でも登ろうか?と考えてたら。。。
娘がヒマだから「谷瀬の吊り橋!でも行こうか?」と言う。
それじゃぁ〜行こうか!ってなって。。。
土曜の夜、長男が「月曜日、会社休みだわ〜」って言うから 何となく「谷瀬の吊り橋行く?」って聞いたら「行こうかな?」ってさ〜(^^;)  次男は「行かないわ〜」ってことで、4人でドライブへ。

朝9時、「谷瀬の吊り橋」に到着。(年賀状用に娘に撮影してもらった2ショット!)
 画像の説明 画像の説明
娘も長男も高いとこ 全然平気です。。。むしろ好きかも? \(^^)/

「谷瀬の吊り橋」だけでは、つまらないので南下して「昴の郷」へ。
そこから歩いて熊野古道の小辺路につながる「柳本橋」(吊り橋)へ。
 画像の説明 画像の説明
こちらの吊り橋の方が揺れるし、橋の下がすっかすかで落下物注意です。

「熊野本宮大社」にも参拝します。上りは「熊野古道」を上がります。
 画像の説明 画像の説明

「現在(いま)は耐え忍ぶとき 闇の先には必ず光がある」
( 警戒心を持って行動する事で 私達の命・ふるさと・日本を守ろう)熊野本宮大社!
 画像の説明 画像の説明
八咫烏(ヤタガラス)もマスクしてます。

狛犬もマスクしてます。。。  「大斎原」(おおゆのはら)です。ほんと、いい天気☀ですね〜(^^)v
 画像の説明 画像の説明

熊野本宮大社のあとは、「わたらせ温泉」で昼食&入浴。露天風呂が4つもあっていい温泉です。

あとは「鬼ヶ城」にちょっと寄るだけのつもりが。。。ずっと歩けて行けるとこまで行ったら50分もかかった。
 画像の説明 画像の説明
 
海岸歩きは面白いからいいんだけど、駐車場まで戻らないといかんじゃん(^^;)
 画像の説明 画像の説明

結局、一般道の舗装道をてくてくと30分くらいかけて戻りました。チャンチャン
 画像の説明 画像の説明
よく調べないで 行き当たりばったりの旅ですが、まっそれも よし!


2020年6月5日(金)
『奥三河? 観光』。。。愛知県新城市!
5月31日(日)、「乳岩峡」をぐるりと山歩きして駐車場に戻ったのが朝9時半。
まだ、お昼ご飯には早いので、近くの「宇連ダム」(豊川用水の水源地)へ。
 画像の説明 画像の説明
この日は残念ながら、ダムの上は、歩けませんでした。

そして「阿寺の七滝」へ。駐車場からは整備された道を900m(約15分)ほど歩きます。
 画像の説明 画像の説明

大小七つの滝が連なって流れています。涼しいし とっても癒される〜 (^^)v
 画像の説明 画像の説明

まだ、お昼まで時間があるので「長篠城址」にも寄ります。
 画像の説明 画像の説明
「長篠城址史跡保存館」(入館料大人220円)にも入りましたが、この日は入場制限してて、愛知県内の人のみ入場可能でした。
住所氏名を記入の上、マスク着用・手指の消毒しての入館です。
今、NHKの「麒麟が来る」を観てるので、歴史には疎い私ですが、戦国時代は興味あります。
まっ、すぐ忘れちゃうんですが。。。

そんなこんなで、今まであまり行ったことのない奥三河を堪能しましたよ〜♪


2020年6月3日(木)
『 乳岩峡(ちいわきょう) 』。。。愛知県新城市!
5月31日(日)、お天気がくずれそうだけど出かけます。。。。
朝5時に自宅を出発します。。。いつも通りの時間です。
湾岸弥富から高速道路にのって、新城インターで下ります。
途中、2回休憩して 「乳岩峡」の駐車場に7時20分くらいに到着。
お天気は曇りです(^^)v 準備して出発します。

川の水が、めっちゃきれいです。。。癒される〜\(^0^)/
 画像の説明 画像の説明

川沿いに歩きます。山あじさいかな?
 画像の説明 画像の説明

川沿いには、いろんな木やら岩やら 面白いです。突然 古い橋が現われます。
 画像の説明 画像の説明

木の根っこの階段?に、大きな岩がすごい(@_@)
 画像の説明 画像の説明

古い錆びた梯子が続きます。軍手(手袋)必須です。高所恐怖症の人にはスリルがあるよ。
 画像の説明 画像の説明

そして、錆びた梯子は けっこう続きます。一方通行なので前方から人が来ないので安心。
 画像の説明 画像の説明
梯子を登りきると、大きな岩の「通天門」が現われます。

「通天門」をすぎて下ると、洞穴?があって、そこに入るためにまた梯子が続きます。
 画像の説明 画像の説明
中には、お地蔵さまやら祀ってありました。

洞穴(鍾乳洞)からの景色も絶景です。ぐるりと一周しました。
 画像の説明 画像の説明

帰りも川沿いの道を歩きます。花や変わった木に癒されながら。。。
 画像の説明 画像の説明
やっぱり、写真や映像では味わえない自然の中の空気はいいですね〜


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional