ようこそ!福島屋 別館へ。

bun133

Bunちゃんのひとりごと133  

'20のひとりごと 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'19のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'18のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  


2020年7月30日(木)
「雄島(おしま)」一周散策と「片山津温泉」日帰り入浴!

26日(日)AM11時すぎ。ピーカン晴れで暑い☀
  画像の説明

海の水は、めっちゃきれいです。。。泳ぎたい(^^;)
 画像の説明 画像の説明
赤い橋を渡ったら、大湊神社の鳥居があって、その先はいきなり階段(><;)

雄島は「反時計回りでまわると呪われる。亡くなった人がいる」とのことで、時計回りに歩きます。
 画像の説明 画像の説明
一周2kmくらいです。1時間くらいかけて のんびりゆっくり歩きました。

「片山津温泉」(石川県加賀市)の総湯です。
 【参考】https://sou-yu.net/
 画像の説明 画像の説明
普段、だんなとは入らないと思うおしゃれなカフェです(^^;)
ここで、日帰り入浴もしました。お湯がめっちゃ熱い(><)

入浴後、「柴山潟」の周辺を散策しました。
 画像の説明 画像の説明
片山津温泉は、この柴山潟の湖畔?にあります。8月は毎日夜9時〜花火があがるそうです。
ゆっくり泊まりでいきたいな〜と思ってしまいました。チャンチャン


2020年7月29日(水)
「丸岡城」と「称念寺」。。。福井県坂井市!
最近のスマホ(携帯電話)は、カメラ機能が優秀なのでカメラを持たない人が増えてるそうな。。。
だんなも、ずっとスマホのカメラでいろいろ撮影していましたが、最近 スマホのカメラ機能が調子悪くなったそうで。。。突然、カメラを買いました(ポチっと)
買ったのは、写真:左のキャノンの40倍ズーム! ちょーお値打ち!だったらしい。
 画像の説明 画像の説明
カメラを買ったから、どこか写真撮りがてら行きたいな〜って、25日(土)の夜 天気予報を見ていたら、北陸地方は晴れ?かも?

ってことで、26日(日)は北陸地方にGO!
最近、お城とか明智光秀に興味津々の我が夫婦。
現存する天守閣は全国に12城しかありません。丸岡城はその一つです。
 画像の説明 画像の説明

丸岡城は現存する天守の中でも古い建築様式です。
屋根も全部石瓦で葺かれていて、しゃちほこも石です。
 画像の説明 画像の説明

「丸岡町」と言えば、「日本一短い手紙 一筆啓上」でも有名ですね〜(^^)v
「一筆啓上 日本一短い手紙の館」が近くにあって、ほっこりする手紙や泣けてくるような手紙がたくさん展示されてました。

「丸岡町」と言えば、明智光秀が美濃を追われ、朝倉氏を頼ったとされてますが。。。実際に住んでいたのは「称念寺」(丸岡町)です。
 画像の説明 画像の説明

明智光秀が寺子屋を開いて暮らしていたそうな。
 画像の説明 画像の説明
【写真:右】は、称念寺に眠る「新田 義貞」(にった よしさだ)公の菩提所です。

この日、愛知県西部地方は雨だったそうですが、北陸地方は晴れてましたよ☀
「称念寺」の後は、東尋坊近くの「雄島(おしま)」散策と片山津温泉(日帰り温泉)に寄ってきましたので ブログは続きます。


2020年7月15日(水)
「天橋立」。。。京都府宮津市!

毎週日曜日の天気が悪い(><)。。。出かけないと 私は運動しない(歩かない)し だんなは朝から(ビールを)飲みそうだから 出かけようと決めてます。歩くために!!

そして、「天橋立」へGO!! そのまえに寄り道。
 画像の説明 画像の説明
この女性は誰でしょうか?  「細川ガラシャ」さんです。
明智光秀の三女でタマコさんです。16歳で細川忠興と結婚し宮津で暮らしていました。
 【参照】 https://www.amanohashidate.jp/garasha/
写真:右は、「宮津城」の石です。。。(^^;)

その後、天橋立へ。駐車場に車を止めたら、歩きますよ〜♪
 画像の説明 画像の説明

2km以上続く松並木の平たんな道を歩くと、「元伊勢籠神社」に着きます。
この神社の横からケーブルカーに乗って「傘松公園」まで上がります。
 画像の説明 画像の説明

お天気、少々悪いけど。。。傘松公園から見た「天橋立」です \(^0^)/
   画像の説明

この日は、さらに山上にある西国巡礼第28番の「成相寺(なりあいじ)」にも行きました。
画像の説明 画像の説明

「五重塔」と「山門」です。
 画像の説明 画像の説明

再び、「傘松公園」に戻ってきました。
 画像の説明 画像の説明

帰りも歩く予定でしたが。。。「船に乗りたいよ〜」と私の希望で乗船。

 ゆりかもめ:「かっぱえびせん、ちょうだい」 
 私ら:「ごめん、持ってないわ〜」
 ゆりかもめ:「ちぇっ」
 画像の説明 画像の説明
逃げないユリカモメに癒されて? 10分ほどで天橋立桟橋に戻ってきました(^^;)

以前、インスタ映えポイントだと聞いた「獅子崎稲荷神社」です。
天橋立から車で10分かからず到着。。。(カメラを車に置いてたのでスマホ写真)
 画像の説明 画像の説明
山口県にある「元乃隅稲成神社」みたい? とにかく健脚でないと参拝できません(><)
「元乃隅稲成神社」(山口県)は、2017年9月に実家の母と行きました。。。
今は名前が変わって「元乃隅神社」です。参考までに。


2020年7月9日(木)
黒井城(別名・保月城) 』登城。。。兵庫県丹波市!
5日(日)、竹田城を楽しんだら「黒井城」に向かいます。
ここは、春日局(かすがのつぼね)の生誕地でもあります。

戦国時代、明智光秀に攻められ 落城した城です。
画像の説明 画像の説明

はい、しっかり登山です。。。
 画像の説明 画像の説明

途中の登山道から見えた石垣です。。。山頂からの夕陽はきれいらしい。
 画像の説明 画像の説明
戦国時代の人々は、攻めるのも守るのも大変です(^^;)

丹波篠山城』。。。兵庫県篠山市!
篠山城は、徳川家康が大阪城の豊臣氏との戦いに備えて築いた城です(1609年築城)
 画像の説明 画像の説明

戦国時代に興味を持って、いろいろ知ると お城の石垣にも興味がわきます。
 画像の説明 画像の説明
「のずら積み」「打ち込み接(うちこみはぎ)」「切込接(きりこみはぎ)」などなど。。。石垣にも積み方があって、いつ築城されたのか?改修されたのか?時代がわかります。


2020年7月6日(月)
竹田城』に登る〜『立雲峡』から竹田城を見る!。。。兵庫県朝来市!
5日(日)、お天気は曇り。。。雨の降らなさそうなとこを探していたら、だんなが「立雲峡」に行こうか?って言う。なんで??? でも、まっいいかっ (^^)v
参考までに、以前 竹田城にいったのは2012年6月(8年前です)

朝4時半出発。7:45くらいに、「立雲峡」駐車場に到着。8年前より整備されています。
が。。。駐車場も霧の中で、竹田城も霧の中でした(><)

気を取り直して、竹田城に行くため ふもとの「山城の郷」からバスがあるというので行ったら始発バスは10:10発(><)
2時間も待てないので、JR竹田駅に行きますが、まだ曇ってる〜
 画像の説明 画像の説明
駅の周辺を散策していたら、 あれまっ 晴れてきた〜
竹田城に登る登山道も整備されているみたいだから、歩いて登ろう!ってことで登る。

いきなり、城跡のような石垣? あとは登山です(><;)
 画像の説明 画像の説明

こちらの登山道は、登山口から料金所まで900mくらいで 標識があるので嬉しい。
 画像の説明 画像の説明
登山道には、大きな石があったり カニがいたりと楽しい♪

あと100mだ〜 うれしい〜♪ いきなり料金所にでました。
 画像の説明 画像の説明
8年前は無料でしたが、今は大人一人500円です。

始発バスの運行前なので、タクシーで上がるか?自力で上がるしかないので 人がほとんどいません。貸し切り〜 ボランティアガイドのおじさんに登ってきたこと褒められて うれしい(^^)v
 画像の説明 画像の説明
石垣の端っこまでいけません。崩れないように保護してます。

やっぱり かっこいい〜 \(^0^)/
  画像の説明
この景色、おもいきり堪能しましょう♪ のんびりしましょう♪

でも、下山しなくちゃ 帰りは違うコースで。。。こちらは急坂&階段が多い。
 画像の説明 画像の説明
登りは40分。下りは20分ちょいで下りれた〜

さあ、もう一回「立雲峡」に行きましょう〜♪
立雲峡も協力費大人一人300円を支払って入山します。
 画像の説明 画像の説明
第3展望台まで5分。第2展望台までは15分くらい。第2展望台からの眺め。
  画像の説明

そして、第1展望台までは30分ほどの激登り。。。だんなだけ行きました。
  画像の説明
竹田城の草木の緑が見えます。(だんな撮影)
「竹田城」は登って良し!見てよし!のかっこいいお城でした。

ここで、カメラの充電不足で、カメラでの写真撮影はおしまい(><)


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional