ようこそ!福島屋 別館へ。

bun136

Bunちゃんのひとりごと136  

'20のひとりごと 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'19のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'18のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  


2020年10月30日(金)
『戸隠神社・五社参拝』と新そば!その2。。。長野県長野市戸隠!
【戸隠神社・五社】とは「奥社」「九頭龍社」「中社」「火之御子社」「宝光社」です。

25日(日)、奥社と九頭龍社を参拝して、お蕎麦をいただいたら、2kmほどですが時間の都合で「中社」に車で移動しました。そしたら渋滞で30分もかかった(歩いても行けたな〜)
 画像の説明 画像の説明
「中社」は「ちゅうしゃ」と読みます。立派な大鳥居があります。
「中社」は、学業成就、試験合格、商売繁盛、開運、家内安全の守り神として尊信されています。

神社も健脚でないと参拝できません(^^;)
 画像の説明 画像の説明
本殿の隣りには「さざれ滝」がありました。

「中社」に御神木の三本杉がありまして。。。触れます。パワーもらってます?
 画像の説明 画像の説明
紅葉もきれいでした〜

「中社」から「神道(かんみち)」を通って、「火之御子社」(ひのみこしゃ)に向かいます。
 画像の説明 画像の説明
「火之御子社」は、舞楽芸能上達、開運、縁結び、火防の守り神として尊信されています。

「宝光社」(ほうこうしゃ)です。鳥居をくぐったら、270段の階段を登ります(^^;)
 画像の説明 画像の説明

「宝光社」は、開拓、学問技芸、裁縫、安産、厄除け、家内安全、女性と子供の守り神として尊信されています。
 画像の説明 画像の説明
ちなみに、270段の石段を上からみたところ。。。(笑)

さ〜「神道」を通って帰りましょう〜♪ すっごく気持ちのいい小径です\(^0^)/
 画像の説明 画像の説明

「中社」から車で5分ほどの 日帰り温泉「神告げ温泉」に寄って入浴&食事。
 画像の説明 画像の説明
「新蕎麦」です。ちょっと緑がかってます。そして 戸隠そば独特の「ぼっち盛り」です。

戸隠神社・五社参拝と新蕎麦を堪能して帰りましたが、恵那山トンネル付近の工事渋滞に巻き込まれて1時間以上余分にかかってしまった(><)
行く時にわかっていたのに、行きは順調だったから油断してたわ〜
まっ、事故もケガもなく帰宅できたので OKですよね〜(^^)v


2020年10月28日(水)
『戸隠神社・五社参拝』と新そば!。。。長野県長野市戸隠!
だんなが以前から「戸隠神社に行きたい」「新そば食べたい!」と言っていた。
25日(日)、朝3時半出発。グーグルマップでは4時間半くらいかかる。
片道310km以上あるし。。。何度も休憩して「戸隠神社・奥社」駐車場に8時半に到着。
まずは「奥社」「九頭龍社」に参拝します。駐車場から見たギザギザの「戸隠山」がかっこいい。
 画像の説明 画像の説明

「下馬」馬で来たら、ここで下りてください(笑) そして「随神門」です。
 画像の説明 画像の説明

参道の杉並木を歩いて振り返れば、ポスターのような景色 \(^0^)/
 画像の説明 画像の説明

「奥社」参拝をちょいなめてました。。。参道は階段がいっぱいで山道?(^^;)
 画像の説明 画像の説明
たくさんの人が「御朱印」に並んでいます。
「御朱印」は大神様のご神意がこもった「おしるし」ですって。みなさん大切にしてね。
私は「御朱印」集めてませんが。

戸隠神社の御本社「奥社」は開運・心願成就・五穀豊穣・スポーツ必勝などに御神徳があり尊信されてます。 
画像の説明 画像の説明
奥社の隣りにある「九頭龍社」は、生命の源、水を司る雨乞いの神、虫歯の神、縁結びの神、心願成就のよりどころとして尊信されてます。

帰りは、「随神門」まで戻ったら「鳥の小径」で駐車場に戻ります。空気が気持ちいい。
 画像の説明 画像の説明
バードウォッチングしてる人がいいっぱい。静かに通り抜けます。
私らには、「鳥」が見えませんが。。。

駐車場近くのお店で早いランチ? 「新蕎麦」いただきます。
 画像の説明 画像の説明
「戸隠そば」は、ざるに馬蹄形状にそばを並べる「ぼっち盛り」という戸隠独特の盛り方。
「そば団子」に「そば茶」もいただいて。。。めっちゃ、美味しい❤

【戸隠神社・五社】とは「奥社」「九頭龍社」「中社」「火之御子社」「宝光社」です。

この後、「中社(ちゅうしゃ)」「火之御子社」「宝光社」にむかいます。。。続く。


2020年10月21日(水)
だんなの「岡崎リバーサイドマラソン」。。。岡崎市!
18日(日)、今年 初めてのだんなのマラソン大会!がありました。
岡崎市で開催された「岡崎リバーサイドマラソン」のハーフの部に出場しました。
 画像の説明 画像の説明
はい、今回もだんなとだんなの友人Gさんが出場します。。。元気なじいちゃん2人。

コロナの影響で、まずは女子の部からスタート。あとは、ゼッケンで60人ずつ走ります。
タイムは、ゼッケンにチップが付いているのでOK!! なぜか一番前に並ぶ二人。。。おいおい 大丈夫か?後ろから押されたりしないか? 速い人の邪魔になるんじゃない?
 画像の説明 画像の説明

岡崎市の乙川の河川敷にある3.5kmのコースを6周します。だから21kmちょいらしい。
 画像の説明 画像の説明
6周もするから、何回も走ってきて 何回も応援できます(^^;)

そのうち、3周(10.5km)の部の人も走り始めて、誰が速いのか?よくわからなくなります。
 画像の説明 画像の説明
ラスト1周で 疲れているけど 目標の2時間切りができるタイムだったので頑張るだんな。

だんなのタイムは、1時間58分!!  \(^0^)/ がんばったね〜 パチパチ
ちなみに、友人Gさんは、1時間48分でゴールしました。。。パチパチパチ
 画像の説明 画像の説明
ここは、「岡崎公園」になってて、岡崎城があります。

徳川家康のお膝元ですもんね〜 立派な天守に石垣がありますが、この日は入城せず。
 画像の説明 画像の説明

マラソンをず〜っと応援していたわけでなく。。。公園内を散策。
 画像の説明 画像の説明
バードウォッチングしている人がいたので、見たらきれいな鳥「カワセミ」ですって。
そして、なぜか「竹千代」と「家康」ですって???
岡崎公園には、また改めて ゆっくり行きたいと思ってます。

コロナの影響で、マラソン大会が中止になって残念でしたが、久しぶりの大会で楽しかったし、だんななんて「頑張りすぎた〜」と筋肉痛になってました。
いろいろ工夫して、大会とかやってもらいたいな〜と願います♪


2020年10月17日(土)
滋賀県お城巡り『安土城跡』。。。滋賀県近江八幡市安土町!
11日(日)、彦根城をあとにして「安土城跡」に向かいます。
 画像の説明 画像の説明
無料駐車場の前に、お土産やさんとトイレ。城跡にはトイレはありません。
大人一人700円の入城料を払って、入ります。

受け付けを入って、長い登りの「大手道」が続きます。
 画像の説明 画像の説明
階段の脇には「石仏」さんがたくさん使われています。。。(^^;)

戦国時代のこのころは、まだ「野面積み」ですね〜
 画像の説明 画像の説明

本丸跡周辺からは、景色もよく琵琶湖まで一望できます。
 画像の説明 画像の説明
天守跡ですが、五層七階(地上6階・地下1階)の大きな天守閣があったそうな。
それが、わずか 3年で焼失してしまい 一夜のうちに落城したんだって。

「三重塔」と「仁王門(楼門)」です。
 画像の説明 画像の説明

信長、本能寺の変は1582年6月2日。焼失したのが1582年6月15日です。
安土城の焼失の原因は諸説ありますが。。。

八幡山城跡』。。。滋賀県近江八幡市!
安土城のあとは、近江八幡市の中心部にお邪魔して、「近江牛」をいただきました(^^)v
 画像の説明 画像の説明

「水郷めぐり」で有名な場所です。「日牟禮(ひむれ)八幡宮」です。
 画像の説明 画像の説明

その後、ロープウェイで八幡山へ。琵琶湖も見えるし、安土城も見えます。
 画像の説明 画像の説明

八幡山に「八幡山城」があって豊臣秀次(秀吉の姉の子)が築いた城で城下町です。
現在は石垣を残すのみですが、本丸跡には、瑞龍寺が建っています。
 画像の説明 画像の説明

ロープウェイは登りだけで、下りは歩きます。。。下りは得意?(^^;)
 画像の説明 画像の説明 

途中、いろいろ残ってますよ〜
 画像の説明 画像の説明
滋賀県の湖西方面ですが、京都に近いせいか 城跡がいっぱいあります。
彦根市も近江八幡市もとっても魅力ある街なので、ゆっくり再訪したい所です。


2020年10月16日(金)
滋賀県お城巡り『彦根城』。。。彦根市!
11日(日)、朝イチでだんなの仕事があって、朝7時ごろ出発。
一般道で 養老町 → 関ケ原町 → 米原市を通って、彦根市へGO。

新しい施設ができるとのことで 寄り道。JR「関ケ原」駅です。
 画像の説明 画像の説明
「関ケ原」駅は、電車で行ったことないので、初めての訪問です。

「関ケ原」駅のすぐ北側です。 『岐阜関ケ原古戦場記念館』です。
 画像の説明 画像の説明
2020年10月21日オープンです。 当面の間は事前予約制だそうです。
※関ケ原合戦の日(西暦1600年10月21日)
正面には「石田三成」と「徳川家康」の家紋がど〜んと。かっこいいです。
そのうち行きたいな〜(^^)v

そして、『彦根城』です。車で外堀〜中堀を通って「二の丸」駐車場まで行けます。
 画像の説明 画像の説明
「表御門跡」で入城券を買って入ったら、すぐ階段。(お城は階段が多い)
「大切り堀」にかかる橋は、敵が来たら外せます。

橋の下をくぐって、ぐるりとまわって橋を渡ります。
 画像の説明 画像の説明
「本丸」にある「天守」です。。。ひこにゃんはいませんでしたが。

お城巡りは続きます。。。「安土城」「八幡山城」


2020年10月10日(土)
「北海道旅行・3日目」
6日(火)は、もう帰るだけです。。。悲しいなぁ・・・

食事は、海の幸がいっぱいでした \(^0^)/
蟹(毛ガニ・タラバガニ・ズワイガニ)とかタコしゃぶとか刺し身とか。。。(写真撮ってなかった)
 画像の説明 画像の説明
お吸い物に入っているホタテ貝の稚貝もかわいくて美味しかったわ〜

稚内市にある「北防波堤ドーム」です。北海道遺産に指定された半アーチ式の防波堤です。
【参照】https://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/domu.html
 画像の説明 画像の説明

 以前は、列車が走ってて 駅があったそうな。
 画像の説明 画像の説明
そして、ここから「樺太」に行く船も出てたんだってさ〜
1日目、「樺太」も見えてましたが、近くて遠い外国ですね〜

以前は、北海道内にたくさんの路線があって、電車で回れたそうですが、随分 廃線になってしまったそうです。
現在「稚内」はJR北海道の宗谷本線の終点駅です。
 画像の説明 画像の説明

稚内市で「あんかけラーメン」をいただいて。。。千歳空港に向かいます(バスで休憩いれて6時間)
 画像の説明 画像の説明

無事、帰宅しました。。。お土産をいっぱい買って(^^)v 買いすぎたわ〜(^^;)
 画像の説明 画像の説明
右の写真は、「白い恋人」のパッケージですが、この山は「利尻山(利尻富士)」ですよ。
アルプスの山々では、ありません!!  覚えといてね〜
これにて、北海道旅行は おしまい♪


2020年10月9日(金)
「利尻島」。。。北海道 利尻郡!
  【プチ参考】 礼文島は、島全部が「礼文町」ですが、利尻島は「利尻富士町」と「利尻町」の2つの町からなってます。

5日(月)、北海道旅行の2日目の午後です。船で礼文島から利尻島にやってきました。

「姫沼」です。姫沼の周りに木道が整備されてます。 
画像の説明 画像の説明

姫沼は1周1kmくらいで 20分ほどで歩けます。紅葉には ちょい早いかな?
 画像の説明 画像の説明
「利尻山」(1721m)です。別名「利尻富士」と呼ばれ日本百名山です。
風のない日には、水面に映る「逆さ利尻富士」がきれいらしい。

「オタトマリ沼」に来ました。こちらも周囲1kmくらいだそうです。
 画像の説明 画像の説明
ここでは、散策はしないで。。。休憩だけしました。
う〜ん、雨は降ってませんが、利尻富士がすっきり見えません。残念(^^;)

利尻島の西海岸は利尻火山の活動後期(約4万年前)に流れ出た溶岩があります。
 画像の説明 画像の説明

バスの中から沈む夕陽を見ながら ホテルにむかいます。
 画像の説明 画像の説明 
2日目は、利尻島のホテルに宿泊です。ホテルに到着後、またまた散歩に行きます。
北海道にあるコンビニ「セイコーマート」に行きます。なんか北海道らしい物がいっぱいあって お値打ちで GOTOクーポン券も使えて いっぱい買い物してしまったけど、楽しい♪

北海道旅行は続きます。。。


2020年10月8日(木)
「礼文島」。。。北海道 礼文郡 礼文町!
5日(月)、北海道旅行2日目です。
稚内から礼文島に渡る船は、朝6:30に出航です。
なので、朝4時半に起きて、朝風呂入って。。。ホテルで朝食を5時すぎにいただいて。。。
6時前にホテルをあわただしく出て稚内港へ。そして船に乗ります。

今回の旅のお伴は、テニス友のTさん♪ 船内の座席はちょいグレードアップしました。
 画像の説明 画像の説明
稚内から礼文島の香深(かふか)港までは、1時間55分くらいです。

礼文島の香深港からバスで「スコトン岬」に到着。礼文島の最北端です。
 画像の説明 画像の説明

とってもきれいな海です。。。さえぎるものがないので、風が強いんです(^^;)
 画像の説明 画像の説明

澄海(スカイ)岬」ですが、展望台までは登りの遊歩道です。
 画像の説明 画像の説明

  【写真:右】は、「桃岩」です。桃の形に見えますか?
 画像の説明 画像の説明

そして「猫岩」です。海上にある 猫が猫背になって座っているような岩です。
 画像の説明 画像の説明

礼文島の香深港に戻って、昼食をいただきます。「いくら親子丼」ですよ(^^)v
ほんとは「うに」を食べたかったんだけど、礼文島では6月〜9月頃しか獲れず、その季節しか提供してないんだってさ〜残念。
 画像の説明 画像の説明
右の写真の船で利尻島に渡ります。けっこう大きな船だけど揺れますよ〜(^^;)
2日目の午後は「利尻島」へ。船で45分くらいです。
利尻島のブログは、またあとで。。。続きます!


2020年10月7日(水)
「北海道旅行・礼文島〜利尻島」。。。2泊3日!
7月の初め、コロナが収まりつつあり新聞広告で見つけた北海道「礼文島〜利尻島」旅行です。
2泊3日で59900円。10月4日(日)出発で、すぐ申し込みしました。

10月4日(日)予定通り出発です。
飛行機はスカイマーク! 朝7:20発なので、空港には6:30集合です。
朝早いけど、全然気にしませんよ〜 \(^0^)/
 画像の説明 画像の説明

以前は、機内サービスでコーヒーとか無料でいただけましたが、コロナの影響でチョコのみ。
 画像の説明 画像の説明
そうそう、申し込みした時は、「GOTO キャンペーン 」がなかったんだけど、その後適用されて 旅費が2万円ほど減額されました(^^)v
おまけに、10月1日〜「GOTO地域共通クーポン券」までもらえて。。。ラッキー♪
ただし、旅行期間中でその周辺地域しか使えません。今回9000円分もらえました。

千歳空港に9:00到着。あっという間に「北海道」ですが、ここから稚内市までが遠い。
うちから鳥取砂丘より遠いし、うちから草津温泉より遠いんだよ〜(^^;)
   画像の説明   画像の説明
「砂川ハイウェイオアシス」でランチ休憩です。名物のシュークリーム!!
ランチした後なのに、食べれる。。。ボリュームたっぷりクリーム美味しい(^^)v

また、バスに乗って ひたすら北上します。。。車窓から いかにも「北海道」という景色。
 画像の説明 画像の説明

「牛」さん、のんびり〜してます。
 画像の説明 画像の説明
稚内市のホテルに着いて、散歩に出かけました。沈む夕陽と「利尻山(別名:利尻富士)です。
2日目に礼文島〜利尻島に行きますよ〜ブログは続きます。


2020年10月1日(木)
「余部鉄橋(あまるべてっきょう)」。。。兵庫県美方郡香美町!
9月27日(日)、私の誕生日旅行で鳥取県方面へドライブ。
三徳山・投入堂、鳥取城、鳥取砂丘のあとは 山陰本線の「余部(あまるべ)」駅(兵庫県)です。
  【参考・余部鉄橋】https://web.pref.hyogo.lg.jp/ks05/soranoeki.html

今年のお盆に広島に行き、原爆の写真を見て、話しを聞いて、偶然「夢千代日記」の朗読劇を観る機会があって「余部鉄橋」に興味を持っていました。
 【夢千代日記】https://www.town.shinonsen.hyogo.jp/page/index.php?mode=detail&page_id=6b2ac9bcb6fe63ed13fca1044e5c6f2c

 画像の説明 画像の説明
「余部鉄橋」といえば、1986年12月28日に、風速33メートルを超える突風で回送列車7両が転落。約40m下にあった水産加工場の女性従業員5人と車掌が亡くなりました(合掌)

山陰本線の旧余部橋梁が老朽化により2010年に架け替えられました。
その後、駅周辺の観光資源の整備の一環として、「道の駅」とか「エレベーター(愛称:余部クリスタルタワー)」とかができました。
 画像の説明 画像の説明

地上から「空の駅」へは、エレベーター(無料)であがれます。
エレベーターがない時、利用者は40mの高さまで歩いて上がっていたそうですよ。
 画像の説明 画像の説明

現在の線路の脇には、旧線路があって、歩けるようになってます。高いですよ〜
 画像の説明 画像の説明
ベンチの下は、網になってて 下が見えます。私は、高いとこ 大好き❤

時刻表です。。。もうすぐ「城崎温泉」方面の電車が来るので、待ってます。
 画像の説明 画像の説明
やっと、電車来た〜 \(^0^)/ 2両編成でした。
さぁ〜、そろそろ帰らなくちゃ。。。
近くの日帰り温泉に入って 夕飯食べて 夜11時ちょい前に帰宅しました。「日帰り」だよ(^^;)



 【おまけ】。。。「燕趙園(えんちょうえん)」。。。鳥取県湯梨浜町!
三徳山に行く途中、中国風の建物がいっぱい。なんだろう??

三徳山で昼食したかったけど、食事処が満員だったので、「燕趙園」に寄ることに。
中国の皇家園林(皇帝所有の庭園)をテーマとしたテーマパークらしい。入園料500円。
 画像の説明 画像の説明
写真:右 は、「燕趙門」だって。

 画像の説明 画像の説明

結局、時間がないので昼食をいただいて、ちょい散歩しただけでした。
 画像の説明 画像の説明
  【参考までに】https://www.encho-en.com/


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional