ようこそ!福島屋 別館へ。

bun144

Bunちゃんのひとりごと144  

'21のひとりごと 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'20のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'19のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  


2021年6月30日(木)
『和歌山城・動物園』。。。和歌山市!
27日(日)、お山に行きたいけど お天気が悪い(><)
では、100名城の「和歌山城」に行きましょう〜♪
車で3時間!!! もはや 車で3時間は、なんてことない?!
画像の説明 画像の説明
「和歌山城」は、紀州徳川家で8代将軍 徳川吉宗(暴れん坊将軍)の故郷ですよ♪

石垣も豊臣期・浅野期・徳川期で、積み方も違います。
 画像の説明 画像の説明
お城も どんどん大きくなっていきます。

「二の丸」と「西の丸」をつなぐ「御橋廊下」があり、今は誰でも通り抜けることができますが、当時は藩主と付き人だけが通れる橋でした。今も 靴を脱いで 歩きます。
 画像の説明 画像の説明

そして なんとなんと 和歌山城内に無料の「動物園」があります。
 画像の説明 画像の説明
はい!「ツキノワグマ」寝ています。まぶしいのか?顔の前に肉球が。。。
なんて、リラックスしてるんでしょ??

「カピバラ」と「マーラ」です。一緒の檻の中で生活してます。
 画像の説明 画像の説明
たくさんの動物がいますが、ほのぼのとした雰囲気でいっぱいの動物園です。

その昔、「天王川公園」(津島市)にも私の知ってる範囲では「ツキノワグマ」がいました。
だんなが言うには「ライオン」もいたらしい(^^)v


2021年6月24日(木)
『入笠山』(標高1955m)。。。長野県諏訪郡富士見町からGO!
20日(日)、長野県の「入笠山」に行ってきました。
諏訪南インターを下りて、車で7分「富士見パノラマリゾート」に到着。津島市の自宅からは3時間。
ここはスキー場ですね。。。駐車場(無料)で すでに標高1050m!
ゴンドラ(大人往復1700円→割引券で200円引)で 山頂駅まで行きます。
あっという間に、もう 標高1780m!!
 画像の説明 画像の説明
ゴンドラを下りたら、「20万本のドイツスズラン」が咲いてますが、曇ってます。

ガスガスの中、心の目で見れば「八ヶ岳」の山々が見えるはず??
 画像の説明 画像の説明
ベニサラサドダンツツジ」がきれいです。

お花の宝庫で約150種類の山野草があります。 木道も整備されてます。
 画像の説明 画像の説明
だんなは 初訪問。私は(2012年7月テニス友と)2回目の訪問です。

「入笠湿原」です。この日は「クリンソウ」が満開でした🌸
 画像の説明 画像の説明

そして「シロツメグサ」と 珍しい「アカツメグサ」です。
 画像の説明 画像の説明

入笠湿原を抜けて山荘の「山彦荘」の前には 「キバナノアツモリソウ」です。
山彦荘の方々が 保護しているみたいです(希少植物?)
 画像の説明 画像の説明
だんなが、食虫植物の「ウツボカズラ」と間違えて。。。私に教えてくれましたが(><;) チガウヨ

山荘の近くで休憩したら、お花畑です。赤い花は、レンゲツツジ!!🌸
 画像の説明 画像の説明
足元には、「100万本の日本スズラン」の群生です。

お花畑を抜けたら、山道が続き、いよいよ「入笠山山頂」です。
 画像の説明 画像の説明
登山道から、突然 山頂!! そして すっごい人!! (@_@)
お天気も良くなって 360度パノラマです。
八ヶ岳〜諏訪湖〜中央アルプス〜南アルプスまで絶景 \(^0^)/
気持ちいいので、のんびりしたい気持ちもありますが、写真を撮ったら退散します。

「大阿原(おおあはら)湿原」に向かいます。
 画像の説明 画像の説明
昔の「法華道」を通って、何だか怖い「首切り清水」を通ります(^^;)

入笠山の山頂から 30分ほどで「大阿原湿原」の入り口に到着。1周1700m。
 画像の説明 画像の説明
湿原の周りは、整備されてて 木道が続きます。木道は滑るので 要注意。

「大阿原湿原」の「ズミ(コナシ)」が めっちゃきれいです🌸
 画像の説明 画像の説明
大阿原湿原を40分ほどかけて ゆっくり歩いたら、帰りますよ〜

途中、「八ヶ岳」の絶景ポイントがあって 八ヶ岳が全部見える&赤岳とか近い(^^)v
画像の説明 画像の説明
山荘の外のテラスで軽食?をいただいて。。。だんな ご満悦?
その後も、日本スズランの群生地を登って、ゴンドラで駐車場まで戻りました。

富士見パノラマリゾートの駐車場から車で5分! 日帰り温泉「ゆ〜とろん」に寄ります。
 画像の説明 画像の説明
クルミざるそばセットですが、付けダレが 「クルミ」です \(^0^)/

久しぶりの「入笠山」でしたが、ほんと いい山ですよ〜♪
老若男女問わず ワンコもOKなお山でした。
花の名前は わからないけど 違う季節にも また行きたいな〜♪


2021年6月18日(金)
「滋賀県で遊ぶ〜観音寺城跡・観音正寺」。。。滋賀県近江八幡市!
16日(日)、近江八幡市内で昼食をいただいた後、
日本100名城の「観音寺城」に行きたいな〜とのことで見に行くことに。

 【参考・観音寺城跡】 https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/886/
ふもとから見ると、繖山(きぬがさざん)の山頂付近に何やら見える。
ズ〜ムで見ると、石垣と旗がある〜 \(^0^)/
 画像の説明 画像の説明

近くの案内板に、途中まで車で登れる!と書いてあったので、車で行く!
残念ながら、車では 繖山(標高433m)の山頂付近までは行けず、登ります(><;)
 画像の説明 画像の説明
城攻めは、ほんと大変です。。。ぜ〜ぜ〜(><)

10〜15分ほど登ったら、「観音正寺」に着きました。
正面には、山門のない仁王像があります。
 画像の説明 画像の説明
 【参考・観音正寺】 http://kannon.or.jp/

本堂に参拝して、城跡の探検に行きます。
 画像の説明 画像の説明

石垣の横を通って、まだまだ登ります。。。(^^;)
 画像の説明 画像の説明

本丸跡?まで来ましたが、まだまだ 城跡は続きます。
 画像の説明 画像の説明
でも、4時までに 林道のゲート(有料で600円)を通らないといけないので 下山します。

「滋賀県で遊ぶ〜ラコリーナ」。。。滋賀県近江八幡市!
観音寺城跡から車で20分くらいの 「ラコリーナ」に向かいます。

 【参考・ラコリーナ】 https://taneya.jp/la_collina/
 画像の説明 画像の説明

相変わらず 「自撮り棒」で遊んでます♪
 画像の説明 画像の説明

フードコーナーは、17時まで。閉園(18時)近いので、人が少なくて ラッキー♪
 画像の説明 画像の説明
この日は「おバカ親子」で滋賀県を満喫しました。
娘も隣県に住んでいながら、滋賀県で行ってないとこ たくさんあるらしく これから滋賀県探検に行くってさ〜(例えば、信楽焼とか)
私たち夫婦も、滋賀県大好きで まだまだ行ってないとこたくさんあるから、これからも 行くよ〜♪


2021年6月16日(水)
「滋賀県で遊ぶ〜昼食編」。。。滋賀県!
16日(日)、ガス屋の組合の用事で早く出かけられず、おまけに天気も悪い。
亀山市に住む娘が、以前から「ケルヒャー」を使ってきれいにしたいとこがある!と言っていたのを思い出して、突然行く。。。(><;)
娘。。。その日は偶然「のんびりデー」だったらしく(^^)v
 画像の説明 画像の説明
娘宅の北側駐車場のコンクリートが緑色になってて。。。めっちゃきれいになった(@_@)

勝手口の網戸にいた虫たちも、きれいになって。だんな、なんか嬉しそう♪
 画像の説明 画像の説明
みるみる きれいになるもんだから、だんなも娘も楽しい〜ってさ♪
車も洗ってたけど。。。大丈夫だったんかな??

途中で雨が降ってきて、1時間くらいで終了。
 画像の説明 画像の説明
庭の「あじさい」も咲いてました。何もお世話してないのに けなげだわ〜🌸

娘に「ランチ行く〜?」って聞いたら、「お肉なら行こうかな?」って。
だんなが「せっかくだから、滋賀県に行こう」って。(愛知県・三重県では飲酒できないので)
ということで、「近江八幡市」です。
画像の説明 画像の説明
大変、おいしゅうございました \(^0^)/
突然のことで。。。息子たちには「ごめんなさい」

この後、「観音寺城跡」「ラコリーナ」に続きます。


2021年6月10日(木)
『鬼押し出し園』。。。群馬県吾妻郡嬬恋村!
6日(日)、妙義山の「中の嶽神社」駐車場から車で約1時間。
高級リゾート地の軽井沢(私には縁がない)を通り抜け。。。到着。
 画像の説明 画像の説明
鬼押し出し園の駐車場から「浅間山」がど〜んと見えます。

山頂付近のあれは、何だろう?と思ったら、岩でした (@_@)
 画像の説明 画像の説明

【鬼押し出し園の情報】   https://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/

園内は、歩きやすく、車いすやベビーカーも利用できます。(ワンコもOK)
 画像の説明 画像の説明
休憩所がシェルターになっています。 浅間山は活火山ですからね〜(^^;)

東叡山寛永寺別院「浅間山観音堂」は、浅間山噴火の犠牲者の霊を供養するために 建てられたそうです。
 画像の説明 画像の説明

園内には、厳しい環境の中 たくさんの花が咲いています。
 画像の説明 画像の説明
岩の中に「ひかりごけ」も見えて、なかなか楽しい〜♪

岩の間から「石割の松」 樹齢100年以上ですって。
 画像の説明 画像の説明

帰りは、岡谷市内の日帰り温泉「ロマネット」に寄って帰宅しました。
 画像の説明 画像の説明
ここは、ローマ風呂?があって、入浴料が大人540円とお値打ちで食事もお値打ち(特に生ビールが)なので、お気に入りです。
2回目の訪問ですが、岡谷インターにも近いから ここからは私の運転ですよ〜♪


2021年6月9日(水)
『妙義山』。。。群馬県!!
以前から興味のあった 岩でごつごつの「妙義山」 \(^0^)/
【参考】https://yamahack.com/1997
【参考】http://www.tomioka-silk.jp/spot/sightseeing/detail/mt-Myogi.html

6日(日)、朝?3時半出発で 行って来ました。
まずは「妙義神社」をめざしてGO!! 
岡谷インターで下りて、一般道を走り また高速に乗るルート。
ところが、普段利用しない高速道路(中部横断自動車道〜上信越自動車道)だし カーナビが古くて道迷い(><;)
そんなこんなで、5時間もかかって、朝8時半に「妙義神社」すぐ近くの駐車場に到着。

途中から見えた「妙義山」の山容に感激してたけど、現実は厳しい(^^;)
神社とか城跡とか好きですが。。。とにかく登る!ひたすら登る!
 画像の説明 画像の説明

あっ、妙義山(白雲山)の中腹に「大」の字が見える!  あっ、人がいるじゃん (@_@)
あれは、妙義神社の妙義大権現を省略したもので、妙義神社にお参りできない村人などが代わりに中山道の安中、松井田宿からお参りしたといわれています。
 画像の説明 画像の説明

このルートは上級コースの鎖場がいっぱいあるので、だんなだけ行ってもらいました。
 画像の説明 画像の説明

だんなが撮った写真ですが、けっこうな坂道と岩場とクサリだったそうな。
 画像の説明 画像の説明

「大」の字の下は、ほぼ垂直な岩で長い鎖場だそうな。おまけに「大」の字のところは狭い。
 画像の説明 画像の説明
( 「大」の字の前には立てなっかたんだってさ〜 )

だんなと合流して、車で「妙義山・中の嶽神社」の駐車場に移動します。
  画像の説明
中の嶽神社の駐車場から見た妙義山(金洞山)です。かっこいい(^^)v

中の嶽神社から「石門めぐり」コースもありますが、崩落事故で今は通れません。
中の嶽神社から「見晴台」まで、行きますが。。。。もう くじけそうです(><;)
 画像の説明 画像の説明
日本一の大黒様、(高さ20m・重量8.5トンだそうな。)の前通って、長い階段を登ります。

階段を登ったら、轟岩の下に拝殿。この轟岩(とどろきいわ)が、御神体です。
 画像の説明 画像の説明 

「見晴台」に続く道の脇にも巨石やら奇石がいっぱいです。
 画像の説明 画像の説明

登りにほんと弱い のろまな亀(私)をおいて、先に登って偵察していただんな。
 画像の説明 画像の説明
待ちくたびれている間に、曇ってたのが晴れてきた〜 \(^0^)/
2年前に行った 中国の武陵源を思わせる感じでした。私はなんか奇石とか好きなんだよね〜♪

だんなは、先に下りて この「中の嶽神社」の御神体「轟岩」まで足を伸ばします。
 画像の説明 画像の説明
ここも、梯子にクサリ。。。すごいところですね〜

無事、駐車場に戻って おバカ夫婦は 自撮り棒で まだまだ遊んでいます。
 画像の説明 

  【おまけ】 駐車場から見えた「荒船山」です!
   画像の説明 
  独特の山容ですよね?! 山頂部分が まっ平?で軍艦のように見える?

中の嶽神社の駐車場を出たのは、午後1時。次は「鬼押し出し園」に向かってGO!


2021年6月5日(土)
「大和郡山城」。。。奈良県大和郡山市!
5月30日(日)、高取町の駐車場から大和郡山城跡に向かいます。
車で約1時間。「近鉄郡山駅」近くの駐車場に止めて 歩きます。

【大和郡山城・参考】http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/03history/07castle/02west_area/koriyamajoseki/

 画像の説明 画像の説明

天守閣はありませんが、天守台から東側に若草山とか奈良盆地がみえます。
 画像の説明 画像の説明

   写真の左端の ちょい はげ?てるとこが、「若草山」です。
   画像の説明

 天守台の石垣には、「お地蔵様」が使われています。
 画像の説明 画像の説明

 帰りは大和郡山市の温泉でさっぱりして。。。入浴+食事で 1500円(税込み)
 ビールは もちろん別料金ですが。。。お値打ち〜♪ ドリンクサービスもあって (^^)v
 画像の説明 画像の説明
なかなか行けないと思いますが、お気に入りの温泉になりました。

この後、私の運転で 帰ってきましたが 2時間くらいで帰宅しました。
奈良市も近いわ〜 \(^0^)/  また、行くね〜♪


2021年6月4日(金)
「壷阪寺」(つぼさかでら)。。。奈良県高取町!
5月30日(日)、標高583.6mある高取山から下山途中に突如現れた「壷阪寺」です。

  壷阪寺情報【参考】http://www.tsubosaka1300.or.jp/

拝観料 大人一人600円を支払って、参拝します。
 画像の説明 画像の説明

本堂の内部も ちょっと撮影させていただいて。。。ここは眼の神様です。
 画像の説明 画像の説明

天竺渡来の「大涅槃石像」と 天竺渡来の「大観音石像」です。
 画像の説明 画像の説明

なんとなく「壷阪寺」で休憩したら、駐車場まで戻らなくてはいけません。
「壷阪寺」の脇から、山道を30分ほど下ります。
 画像の説明 画像の説明

山道を抜けて、アスファルト道に出たけど さらに20分ほど歩いて やっと駐車場到着。
 画像の説明 画像の説明
は〜、やっと着いた〜 \(^0^)/ この後は「大和郡山城」へGO!!


2021年6月3日(木)
日本一の山城 『高取城』。。。奈良県高市郡高取町!

以前から行きたかったのですが、なかなかの山城で 低山だから暑いだろう!と思って(><;)
やっと。。。5月30日(日)、奈良県の「高取城」に行ってきました。

高取町!って どこ? 石舞台古墳がある明日香村のすぐ近くです。
自宅から 高取町の観光駐車場に2時間半くらいで着きました。
高取城のある高取山のふもとの「土佐街道」を通り、歩きます。
 画像の説明 画像の説明
高取城の「松の門」が移築されてて、今は公園になっています。

「植村家長屋門」(武家屋敷)ですが、現在も居宅として住んでいらっしゃいます。
 画像の説明 画像の説明

「土佐街道」の街並みから集落に中を30分ほど歩いて、一気に山に入ります。
 画像の説明 画像の説明

「七曲がり」「一升坂」を通り。。。「猿石」があります。
 画像の説明 画像の説明

「猿石」までは ほんと山道で、ここが郭内と城内の境目を示す「結界石」という説もありますが、ここから一気に石垣が現われます。
 画像の説明 画像の説明

「二の門」「国見櫓」「三の門」「矢場門」「松の門」「宇陀門」「千早門」をすぎて「本丸」です。
 画像の説明 画像の説明

石垣の高さも長さも ほんとすごいです \(^0^)/
 画像の説明 画像の説明

「本丸」で、1時間くらい休憩してしまいました。帰りは「壷阪(坂)口門」の方に下ります。
 画像の説明 画像の説明
 
「高取城」の縄張り図です。そして「五百羅漢・壷阪寺」の方に行きます。
 画像の説明 画像の説明

岩に掘られた「五百羅漢」です。
 画像の説明 画像の説明

「五百羅漢」をすぎると、アスファルト道の県道に出て歩きます。
あっ、なんか見えた〜 「壷阪寺」です。ちょっと寄り道していきましょう♪
 画像の説明 画像の説明
「壷阪寺」に 続きます。


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional