ようこそ!福島屋 別館へ。

bun145

Bunちゃんのひとりごと145  

'21のひとりごと 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'20のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  

'19のひとりごと 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月  


2021年7月29日(木)
「伊吹山〜山頂から歩いて下山」。。。岐阜県・滋賀県!

東京オリンピック2020!! 
毎日、店番しながら テレビのリモコン持って いろんな競技を観てます♪

25日(日)は、4連休の最終日だから 道路も渋滞すると思って 近くて涼しいとこ「伊吹山」へ。
今年も伊吹山マラソンの「かっとび伊吹」は開催されず、だんなも残念がってます。
だんなは、日ごろの運動不足を解消するため 麓の「三ノ宮神社」から 歩いて登ります。
鳥居の間から、「伊吹山」が見えますが、お天気は曇り。登山にはちょうどいいかな。
 画像の説明 画像の説明
朝7時すぎに だんなと別れて 私は車で山頂駐車場に向かいます。

「伊吹山ドライブウェイ」の途中にある 展望台駐車場では山頂に雲が。。。
画像の説明 画像の説明

山頂駐車場で、一人で遊ぶ私(^^;) 標高1260mの駐車場は涼しい〜♪
 画像の説明 画像の説明
ピンクの「シモツケソウ」も鹿の食害から保護されて 随分復活してきました🌸

歩き始めて30分ほどで 山頂の山小屋が見えますが ガスガスです。
 画像の説明 画像の説明
山の下の方を見たら、突然 歩きたくなりました。。。

よしっ!! 歩いて下りちゃいましょう〜♪ 整備された登山道をどんどん下ります。
 画像の説明 画像の説明
あれっ??? 煉獄さん???(鬼滅の刃) 「写真、撮っていいですか?」と聞くおばちゃん。

8合目をすぎて、無事? だんなに会いました(だんな、不機嫌じゃありませんよ)
 画像の説明 画像の説明
琵琶湖と竹生島が見えます。。。。なんか 天気が良くなってきて暑くなってきた(^^;)

避難小屋を通り、5合目から4合目の間の樹林地帯は ちょい涼しい〜♪
 画像の説明 画像の説明

4合目には、スキー場だったときのリフトの名残り。 
あ〜 昔(20年くらい前まで)よくスキーに来たな〜(遠い日)
 画像の説明 画像の説明
3合目には、きれいな「トイレ」もあるし ここまで頑張ったたら 休憩しようと決めてました。

上着を着替えて、コンビニのおにぎりやゼリーとかも食べて。。。あと一息です。
 画像の説明 画像の説明

ところが。。。暑さがマックス(><) 日陰もないし。。。自販機で冷えたジュース買って。
 画像の説明 画像の説明
首回りを冷やして、ゆっくりゆっくり歩いて 無事 登山口到着(><)
下界の蒸し暑さを、なめとったわ〜(反省)
そうそう、車は だんなが乗って 登山口まで迎えに来てくれました。

でも、久しぶりの登山道を堪能しました。楽しかった〜♪
標高1200mを下って 思い切り筋肉痛になりましたとさ〜
次回は もうちょい涼しい季節に また行きたいと思います(^^)v


2021年7月22日(木)
「上高地」。。。長野県松本市安曇上高地!

今日(7月22日)からオリンピック休暇?なの??? 福島屋は営業中です。
今日は、ソフトボール選手の上野さんの39歳の誕生日。現役で競技を続けてて 今もエース!!
ほんと すごい\(^0^)/ 誕生日に勝利できて よかったね〜♪ おめでとう!

18日(日)、「上高地」に行ってきました。
先週の南紀も、楽しかったんですが。。。暑かった〜(><;)
「涼しくて、平坦で 楽しく歩けるところ」に行きたいよ〜ってことで上高地。

 「河童橋」から見た穂高連峰!! 朝9時半ごろ。
 画像の説明

 どど〜んと「焼岳」です。。。行きたいけど、なかなか行けない憧れの山。
 画像の説明

津島市の自宅を朝4時半出発で「あかんだな駐車場」(高山市平湯温泉郷)に向かいます。
上高地は、マイカー規制が行われていますので、シャトルバスで行きます。
3時間ほどで あかんだな駐車場に到着し、朝7:50発のバスに乗れました。

この日は、上高地の『帝国ホテル』前でバスを下ります。めっちゃ涼しい〜さわやか〜♪
 画像の説明 画像の説明
一度は泊まってみたいけど。。。貧乏性な私は、のんびりできないだろな〜(せっかちなので)

 田代橋を渡って、梓川沿いを河童橋に向かって歩きます。振り返れば「焼岳」
 画像の説明 画像の説明
河童橋まで2kmくらいしかないのに、景色とかに感激しすぎて1時間くらいかかった(笑)

河童橋から梓川の右岸の木道を歩いて「明神」をめざします。
 画像の説明 画像の説明
多少のアップダウンもありますが、木道は歩きやすく涼しいし 水もきれいでさわやか。
もう〜楽しくてしょうがない \(^0^)/

「明神」にある「穂高神社奥宮」と「明神岳」です。かっこいい山ですね〜
 画像の説明 画像の説明

「明神橋」から見た「明神岳」が神々しい。 まだ午前中ですが「明神館」でいただきます。
 画像の説明 画像の説明

「明神」までは何度も来ましたが、この日は初めての「徳沢」に向かいます。
 画像の説明 画像の説明
明神岳をず〜っと見ながら歩きます。

はい、どど〜んと「明神岳」です。
「明神岳」は右奥の主峰1峰(2931m)〜5峰(2726m)まで並ぶ 稜線の峰々です。 
今は登山道がないので自己責任で登ってください。
 画像の説明 

「明神」から50分ほどで「徳沢」に到着です。お目当ての「ピザ」いただきます。
 画像の説明 画像の説明
明治時代の中期に「牧場」として開かれた土地だそうな。
井上靖の長編小説「氷壁」の舞台で、そこに登場する「徳沢小屋」が徳沢園だそうな。

のんびり休憩したので、帰りましょう〜♪ 帰るとなったら すたこらさっさと平坦道は速い??
 画像の説明 画像の説明
「徳沢」から「河童橋」まで1時間半で到着。午後2:40頃には雲が湧いてきました。
バスターミナルを3時に出発して、「あかんだな駐車場」に着いたら平湯温泉へGO。

「ひらゆの森」に寄って、日帰り入浴して 夕飯もいただいて帰宅。
 画像の説明 画像の説明

 【おまけ】
この日も お天気よくて 自撮り棒で遊びます(^^)v
 画像の説明 画像の説明
そして、頑張った私!! ハーフマラソンの距離を歩きました〜 v(^^)v


2021年7月16日(金)
「南紀」。。。和歌山県!
11日(日)、南紀の「滝の拝」を後にして「古座の一枚岩」に向かいます。
古座の一枚岩」は、2回目の訪問。前回は、2017年7月です。
 画像の説明 画像の説明
相変わらず、でっかい一枚岩ですが、写真では伝わらないのが残念(><;)

 自撮り棒で遊んでます。。。(おバカですね〜)
 画像の説明

道の駅「一枚岩」のカフェで 一枚岩を見ながら休憩してます。(我が家にしては オシャレ♪)
 画像の説明 画像の説明

虫喰岩」です。ここも2回目ですが。。。相変わらず、穴ポコの奇岩です。
 画像の説明 画像の説明

途中で温泉でも行きたいな〜と思ってたけどうまく探せなくて新宮市へ。
はい、「新宮城跡」です。。。続日本100名城!
熊野川の河口山上に築かれてます。建物は取り壊されてありませんが、石垣が残ります。
 画像の説明 画像の説明

熊野川が見えます。熊野灘も一望できて、海上を監視するとともに海上交通も盛んだったそうな。
 画像の説明 画像の説明

「徐福」さんって知ってます??
今から2200年ほど前、中国を統一した秦の始皇帝の命で、東方海上の三神山にあるという不老不死の霊薬を求めて この熊野に渡来したと伝えられています。
 画像の説明 画像の説明
徐福の墓」があり徐福公園として整備されています。

新宮市にいるなら「熊野速玉大社」にも寄らなくちゃ。ひさしぶり〜
 画像の説明 画像の説明

「熊野三山」といえば、「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」です。
 画像の説明 画像の説明
南紀はとっても魅力ある場所で、行きやすい気がするわ〜♪
結局、紀伊長島で温泉入浴できて のんびり帰ってきましたよ〜(^^)v


2021年7月15日(木)
「南紀」。。。和歌山県!
11日(日)、またまたお天気が悪い(><)
天気予報で、お天気のいいところを探したら、南紀!! (^^)v
南紀!大好き夫婦は迷わず レッツゴー!
 画像の説明
朝4時半出発で串本町「橋杭岩」に、朝8時 到着です。 は〜い、「おバカ夫婦」です。

ほんと いい天気で気持ちいいですが。。。朝8時からもう暑い(^^;)
 画像の説明 画像の説明

「橋杭岩」で遊んだ後は、「滝の拝」に向かいますが、途中で「牡丹岩」に寄ります。
 画像の説明 画像の説明
岩肌が風化して 無数の穴があります。牡丹の花に似てるかな?

道の駅「滝の拝太郎」に車を止めて歩きます。
 画像の説明 画像の説明
「滝の拝の金毘羅神社」と太郎伝説で太郎が持って帰ってきた丸石です。
 【参考:滝の拝】 https://kozagawakanko.jp/tourism/110/

なかなか迫力のある流れで、水もとってもきれいです。
 画像の説明 画像の説明
水辺は涼しいけど、駐車場に戻ると、もう蒸し暑い(^^)

はい、おバカ夫婦 その2! 『 滝の拝 』でした。
 画像の説明

おバカ夫婦の南紀の旅は、続きます〜♪

2021年7月9日(金)
「津山城跡」(鶴山公園)。。。岡山県津山市!
4日(日)、「備中松山城」を後にして、車で1時間「津山城跡」に向かいます。

 【参考:津山城】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E5%B1%B1%E5%9F%8E

初代藩主「森 忠政」さんは、森蘭丸(信長の家臣で本能寺で絶命)の弟です。
 画像の説明 画像の説明
大人一人310円の入場料を支払って、中に入ります。

中央の藤の棚のことろに「大奥」がありました。景色最高!
 画像の説明

「津山城跡」には天守はありません。2004年「備中櫓」が復元されました。
 画像の説明 画像の説明

「備中櫓」の中です。備中櫓二階の「御上段」と「トイレ」ですね。
 画像の説明 画像の説明

本丸から見た「備中櫓」と津山市街。 私が 小さく映ってますが。。。。
 画像の説明

日本100名城の旅も体力勝負です。。。暑さに弱いので、城攻めはつらい(><)

津山市内の温泉に寄ります。だんなの食事「豚ニラもやし炒め定食」+生ビ〜ル(必須)
 画像の説明 画像の説明
帰りに「覆面パトカー」3台に遭遇(@_@;) 私(ゴールド免許)の運転で無事帰宅しました。
津山市から4時間くらいで帰宅できましたよ。岡山県は近い???


2021年7月8日(木)
『備中松山城』。。。岡山県高梁(たかはし)市!
4日(日)、岡山県の「備中松山城」に行ってきました。
毎日、雨が続きますね〜(^^;) ほんと よく降るわ〜
雨が降らなきゃいけないんだけど、災害が起きちゃうほど降ってもらっては困るね〜(><)

4日(日)も、天気予報とにらめっこしながら 当初の予定は姫路城!
でも、岡山県の方が降水確率が低いので 急遽変更しました。

日本三大山城は、「岩村城」(岐阜県) 「高取城」(奈良県) 「備中松山城」(岡山県)
「岩村城」と「高取城」は攻めた?ので、残るは「備中松山城」
山城は登らないと行けない城なので、体力のあるうちに行きたい(^^)v

「ふいご峠」の駐車場まで、4時間半くらいかかって到着。さあ〜登りましょう。
 画像の説明 画像の説明
お天気は曇りですが、めっちゃ蒸し暑い(^^;)

途中で「高梁市」(たかはしし)の町が見えます。
 画像の説明 画像の説明

大手門の石垣が見えてきました(立派)
 画像の説明 画像の説明

天守の現存する山城としては唯一のものです。二重櫓になっています。
 画像の説明

 【参考:備中松山城】https://www.city.takahashi.lg.jp/soshiki/9/shiro4240131.html

大人一人500円の入館料を支払って、中に入ると猫城主の「さんじゅーろー」君がお出迎え。
 画像の説明 画像の説明

靴を脱いで、城内に入ります。階段が曲がっています。これも敵からの防御です。
 画像の説明 画像の説明

「二重櫓」です。中には入れませんが、天然の巨石を櫓台とした二層二階建て構造です。
 画像の説明 画像の説明
天然の巨石を使用した石垣から、木がはえてます。。。石垣が崩れそう?!
この後、だんなが「大松山城跡」まで足をのばしましたが、私は暑さに負けて一足先に駐車場に戻りました(^^;)

2021年7月1日(木)
「高野山」。。。和歌山県伊都郡高野町!
6月27日(日)、和歌山城をあとにして 車で1時間。「高野山」に来ました。
ここは、2018年7月以来2回目の訪問です。
今回は「金剛峯寺」(こんごうぶじ)の前の駐車所に止めて歩きます。
 画像の説明 画像の説明
「一の橋」から「奥の院」に向かって歩きますよ〜♪

「奥州 仙台 伊達家墓所」「紀州 徳川家七代宗将墓所」などなど
 画像の説明 画像の説明

なんと「石田三成 墓所」と「明智光秀 墓所」は 隣り同士。
 画像の説明 画像の説明
もちろん 両方の墓所に手を合わせて来ましたが。。。どうなんでしょ?

途中「中の橋」をすぎてすぐのとこに「姿見の井戸」がありまして、のぞいて自分の影が映らなかったら、3年以内に亡くなる?ってさ〜(怖い)でも、私もだんなも自分の影が見えました。
 画像の説明 画像の説明

(余談ですが)この「御廟橋」の手前に「豊臣家 墓所」と「織田信長 墓所」も隣り同士にあります。

ポスターとかでも見る「御廟橋」の向こうが「奥の院」で弘法大師信仰の最大の聖地です。
写真撮影禁止・スマホも禁止で、服装を正し 脱帽して 礼拝してから渡ります。
 画像の説明 画像の説明
【写真:右】帰りに「不動坂口女人堂」に寄ります。
「高野山」は開山1200年ですが、ずっと女人禁制でした。
高野山には七つの入り口があって、明治5年(1872年)に女人禁制が解かれるまで、女性のための参籠所が設けられていました。現在では唯一残る「不動坂口の女人堂」です。

和歌山城のついでに寄った「高野山」ですが、ついでに寄るとこではありません。
次回、もっとゆっくり 1日かけて 女人道とか歩きたいです。


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional